ブログ/コラム

Blog/Column

  1. HOME
  2. コラム・ブログ - 建物・家づくり
  3. 新築一戸建てとマンション、どっちがいいの?【いえとち本舗の新築・山口・宇部・周南・山陽小野田・防府】

建物・家づくり

新築一戸建てとマンション、どっちがいいの?【いえとち本舗の新築・山口・宇部・周南・山陽小野田・防府】

家 マイホーム 一戸建て


みなさまこんにちは!(^^)/
 
 
みなさまは賃貸をやめて持ち家を!となったとき、「新築一戸建てかマンションか」で悩んだことはありませんか?おそらく、多くの方がこの選択肢で悩まれると思います。
 
 
新築一戸建てもマンションも、購入の金額は莫大なものです。住んでみた後に「もっと考えておけばよかったな…」とならないよう、事前に一戸建てとマンションのメリット・デメリットを知っておく必要があると思います。
 
 
以下では、「新築一戸建てとマンションのメリット・デメリット」についてお伝えしていきます(^^♪
 
 

★新築一戸建てのメリット

 
家 マイホーム 一戸建て お花 新築

 

①増築や建て替えの融通が利く

 
 
新築一戸建てのメリットとしてまず挙げられるのは、「自由に増築や建て替えができる」という点です。
マンションは間取りや大きさが決まっていて変えられるものではないですが、新築一戸建ては増築・建て替え・外壁の塗り替えが自由にできます。
 

 
なので、「気分やその時の環境で自由に見た目を変えたい!」という方や「将来の家族構成やライフスタイルが変わる可能性がある・・・」という方は、マンションよりも新築一戸建てのほうが良いですね。
 
 

②管理費等がかからない

 
マンションは管理費や修繕積立金、駐車場代を払わないといけませんが、新築一戸建てはその費用がかかりませんので、月々の支払いの負担が少ないです。


駐車場については、建売住宅でも敷地内に駐車スペースが確保されている場合が一般的なので安心です。駐車場代がかからない上に玄関を出てすぐに車に乗り込めることもメリットと言えます。
 
 
 

③生活音によるトラブルが少なく、規約による制限がない

 
 
新築一戸建ては家としての独立性が高いので、プライバシー面で優位性があります。家と家の間隔がある程度空いていれば生活音をあまり気にせず生活できるという点から、ストレスも少ないでしょう。
 

山口で子育てをされる方や室内で楽器を使用される方は新築一戸建てを選ばれるケースが多いです。
 
 
また、マンションのような管理規約で制限されることはありません。例えばペットについてです。

猫 犬 ペット 飼育


最近のマンションは防音性が高いので小型犬などのペットを飼えるケースがほとんどですが、新築一戸建てなら犬種や数も自由です。
また、新築一戸建ては事務所として利用することもできます。
 
 

④隣近所との関係が構築しやすい

 
 
友達 近所付き合い 親友 仲良し


新築一戸建ては玄関や窓を開けるとすぐに外ということもあり、隣近所との関わりが濃厚になりやすい傾向にあります。

人間関係を構築するのが煩わしくて隣近所の人とコミュニケーションを取りたがらない人もいますが、近所の人との人間関係を構築しておくことで防犯に繋がったり、災害が起きたときに助け合いができるという点でメリットになります。
 
 

★新築一戸建てのデメリット

 

①建物の維持管理にまとまった費用が必要になることがある

 
お金 資金 資金計画 コスト

 
住民で積み立てておいた修繕費で建物を修繕できるマンションと違い、新築一戸建ては建物が傷んでしまったときは自分で修繕しなければなりません。
 

「お金があるときにいつか直そう」とおもって油断していたら傷みが進み、修繕費が割高になることもあり得ます。建物の傷みのチェックや修繕を自分でしないといけない点はデメリットと言えます。
 

②共用部分がない

 
 
大規模なマンションにはキッズルームやパーティールームといった共用部分があるため、住民との交流ができますが、新築一戸建ては共用部分がないため、近くの公園や公共施設に行くなどしないといけません。

すぐ近くにあれば簡単に行けますが、近くになければわざわざ車でいかないといけないケースも・・・
 

山口で同世代の住民と交流をしたいという方からすると、少しデメリットかもしれません。
 
 

③セキュリティ面を意識する必要がある

 
セキュリティ 防犯 安全

 
家と家の間隔があいていることは生活音に神経質にならなくてよいというメリットがありますが、それと同時に空き巣放火などのセキュリティ面を意識する必要があります。
 


万が一、室内で危険な目に遭っても近所の人が気付きにくいため、より一層防犯意識を持つことが求められます。

監視カメラを付けたり、留守を減らすなどの工夫が必要です。
 
 
 

★マンションのメリット

 
マンション 夜景

①将来の修繕計画がしっかりしている

 
マンションは住民全員から修繕費積立金を集めるためマンション内の共用部分の修繕箇所があれば積立金からまかなわれます。

そのため自分だけ修繕費をだすことはないのでその面は安心できます。
 
 
 

②共用部の管理・清掃を管理会社がしてくれる

 
 
エントランスや廊下・駐車場等の共用部分の掃除や管理は、そのマンションの管理会社がしてくれるので住民のわずらわしさは軽くなります。
 

また、管理人が常駐しているマンションでは、万が一不審者が建物内に入ったとしても管理人の目があるので犯罪を未然に防ぐ効果が期待できます。
 

防犯面で見ると、マンションはオートロックになっていることが多いので外出は玄関ドアの鍵一つでできると言われています。

もちろん部屋の窓も閉めた方が防犯になりますが、エントランスがオートロックという安心感は、快適な生活を送るためのポイントとも言えます(^^♪
 
 
 

③高齢者でも暮らしやすい

 
高齢者 暮らしやすい 夫婦


標準的なマンションはワンフロアなので室内に階段がなく有効面積が広いため、一戸建てに比べて小さめの床面積でも狭さを感じにくいです。


また、室内がフラットなので高齢者でも暮らしやすいと言えます。エレベーターがあればなおさら上り下りの負担は軽減します。
 
 

④住民とのコミュニケーションが取りやすい

 
 
ファミリータイプのマンションなら同世代の住民が入居する場合が多いので、子どもを介した交流が活発になる傾向があります。

大規模なマンションではキッズスペース等、居住者が集まって活動するケースが多く見られます。
 
 
 

★マンションのデメリット

 
 

①生活音のトラブルの可能性

 
 
騒音 気になる 物音



マンションは左右上下に住戸が接しているため、全く生活音が聞こえない状態は難しいです。

最近のマンションは防音性が優れているものも多いですが、一戸建てほど他人の存在が気にならないということはないでしょう。
トラブルを避けようとすると生活音に神経質になってしまうと思われます。(*_*)
 
 
 

②ペットを思うように飼えないかもしれない

 
 
ペットの飼育が可能のマンションでも、ペットのサイズや頭数、種類に制限がある場合があります。

なので必ずしも飼いたいペットが飼えるという訳ではないので、少し我慢が必要かもしれません。
 
 

③駐車場が有料のケースがある

 
マンション 駐車場 遠い

 
マンションの所有権があっても、駐車場が有料のケースがあります。分譲マンションの多くが賃貸方式を採用しているため、敷地内であっても駐車場代がかかります。
 
自身の部屋から近い平置きの駐車場であればまだ良いですが、部屋の位置が駐車場よりも遠かったら、行くのが面倒になってしまうことも。
 
機械式の駐車場であれば、車種の制限も出てきます。
 
ドライブが趣味の方や、日常生活に車が欠かせない人にとっては、車の出し入れが面倒に感じるかもしれません(*_*)
 
 
 

★まとめ

 
新築一戸建てとマンションのメリット・デメリットが少しでも分かりましたでしょうか?

山口で新築一戸建てとマンション、どちらを購入するべきかと悩んだときは自身の家族構成ライフスタイルを振り返ってみて、住まいに求める優先順位を考えることが大切です。
 

 
綿密に資金計画や住まいの優先順位を踏まえながら、自身の身の丈にあったマイホーム計画を立てましょう!!(^^)/



11月16日(土)~11月24日(日)開催イベント↓
【山口市吉敷赤田】圧倒的に暮らしやすい3LDK完成見学会

>