ブログ/コラム

Blog/Column

  1. HOME
  2. コラム・ブログ - 建物・家づくり
  3. 考えておきたいリビング収納【いえとち本舗の新築・山口・宇部・山陽小野田・防府・周南】

建物・家づくり

考えておきたいリビング収納【いえとち本舗の新築・山口・宇部・山陽小野田・防府・周南】

みなさまこんにちは!
いえとち本舗山口中央店です(^^)/
 
山口で新築住宅を考える際に、間取りはこれから家づくりで最も重要な点だと言っても過言ではないと思います。

建てる前からしっかり考えておかないと、住み始めてから思わぬ苦労をする事になります!

住み始めてからやっぱりこうしておけば良かったと後悔している中にはいるのではないでしょうか?

その中でも1番多かった意見が新築の内装で「リビングの収納」をもっと重要視すればよかったことです。
しかし、土地面積が限られていると、広いスペースが確保できないケースもあります。
逆に、せっかく広い収納スペースを確保したのに使いにくく、不便を感じてしまうことも……。

広くても狭くてもうまくいかないなら、一体どうすればいいのでしょう?

そこで今回は、山口の新築住宅の収納スペースでありがちな失敗事例をもとに、リビング収納について解説します。
ぜひ、内装の収納計画に役立ててください。


 
考えておきたいリビング収納のこと


リビング

 
子供が生まれて、家族が増えてくると狭い、収納がない、みんなが片付けをしないなどの理由で散らかりやすいのがリビングです。

山口で新築住宅を建てるなら、ぜひリビング収納のことを注力においてほしいです。

リビングはなぜ散らかりやすいのか、どうすれば物が溢れないキレイが続くリビングになるかを考えると、リビング収納のコツが見えてきます。
これからそのコツを探していきましょう。
 
 

リビングが散らかる!収納がなくて困ったこと


子供

 

家族みんなが集まるリビングは何かと散らかりがちですよね・・・

山口で新築住宅を建てられた方に収納がなくて困ったことがないかヒアリングしてみたところ、どの家庭も散らかりやすくて困っている・・・という意見が多いです。

その中でもこんな意見が・・・

・郵便物や新聞、雑誌など様々な書類があふれてきて、服も増えたので収納スペースが足りない

・夏や冬の季節ごとに変えるカーペットや家具をしまうときに、別の部屋の収納スペースに移動しなければならないとこるが面倒

・友人や知人が急に訪問ときに、すぐに散らかっているものを入れる収納スペースがないから大変

・なるべくリビングに物を置かないように心がけていても、仕事柄で忙しく書斎がないので、夫がリビングで仕事をすることがあり、PCなどの仕事道具や書類が散らかるので、それをきれいにまとめて片付ける場所がない

・小学生の子どもがいると、子供部屋を設けているのに学校の勉強道具やゲームや漫画などがリビングに散らばってしまい、1日だけキレイにしていても数日経てばまた散らかってしまう

 
やはりどの家庭でも問題を抱えていることが分かりますね。


 

散らかりやすいのに収納が少ないリビング

 

勉強

 

山口で新築住宅を建てる際にもリビングは家族全員が集まる大切な場所なので部屋面積は1番広くなりますが、そのわりには収納が少ないケースが多く見られます。

そのため、いろいろな荷物や雑貨、書類などが散乱しやすいのが多いです。

散らかる物は家族の年代によっても違います。

特に幼い子供ならおもちゃ、小学生なら宿題や文房具、中学生になると雑誌やテストなどの書類がリビングに置きっぱなしになりやすいアイテムです。

学校行事や山口の町内会の集まりなどの大事プリントをしまう場所に困るケースもあります。

書類とリビングの組み合わせは一見かけ離れていて家を建てるときに忘れがちですが、光熱費などの領収書やスーパーの広告など、意外と紙類は溜まってしまうものです。

また、外出先から帰ってきたときに子供のランドセルやカバン、上着やコートをリビングに置きっぱなしにするケースもよく見られます。

疲れているときは自分の部屋へ行く前にひと息つきたいものですが、やはり1番最初にたどり着くのはリビングですよね。

休憩が長くなってしまうと片付けるのが面倒になってしまう経験がある方も多いはずです。

山口で新築住宅を建てたあとのキレイなリビングをキレイに保ち続けるのにも、何らかの対策が必要です。


 

生活感を出さない理想のリビング収納とは


リビング

 

山口の新築住宅のリビングは家族が集うだけではなく、客間がなければ友人や知人を招く場所でもあります。

そのため生活感を出さないようにリビング収納を作ることがおススメです

備え付け収納棚は扉をつけることで、中身を見られることなく収納できます。もし扉をつけられなかったら、インテリ雑貨店でカーテンなどを購入して隠すように設置してみてください。

既製品の家具を買う場合は、リビングと統一感のある収納デザインを選ぶことがポイントです。

リビングの雰囲気と収納デザインの統一感を持たせることで、オシャレな空間を演出できます。

リビングの片づけ上手であるなら、見せるための収納に挑戦してみるのも良いかもしれません。

物が見えていても雑貨屋のようにキレイに整理整頓されていれば、生活感を感じさせません。

むしろ、オシャレでこだわりのある理想なリビングになり、友人や知人が訪問しても好印象を与えます。

いつも清潔感がありオシャレに整理整頓されていれば、それを保ち続けるために物を置きたくないと感じますので、ぜひ習慣にしてみましょう。


 

いつもすっきりとしたリビングにするコツ


リビング

出したものはあった元のあった場所に片付けるのが当たり前です。

当たり前のことですが、なぜ簡単なことができないのか、理由を考えてみましょう。

まず、物を片付けにくい場所に収納スペースがあると、こまめに片付けなくなってしまいます。

リビング収納は、生活動線と紐付けして考えるのがコツです。

例えば、新聞や雑誌をしまうラックをリビングに置くのはいかがでしょうか?

大体は新聞をリビングに持ってきて読みます。
郵便物なども真っ先にリビングにもっていき、リビングに置きっぱなしにしてしまうケースが多いはずです。

新聞はいつもどこで読むのか、どこにラックがあればしまいやすいのかを考えることが大切です。

片付ける場所の定位置を設けることが部屋をキレイに保つコツです。

例えば、テレビのリモコン・領収書などの書類関係、おもちゃ道具・・・

これらについても、出したら必ずそこに片付けるようにします。

「出す・使う・片付ける」までをルーティン動線を定着されることで、片付ける習慣を身につけることが可能になります。


 

壁面収納やカウンター収納で片づけできるコツ

 

リビング

 

山口で新築住宅を建てるなら、ぜひ壁面収納カウンター収納を検討されてください。
 

使いやすい壁面収納にするなら、奥行きの狭いパターンがおススメです。
棚の奥行きを作ってしまうと奥のほうまで物をしまい、何をどこに片付けたかわからなくなりがちです。
壁面収納はインテリ雑貨店などのボックスやかごなどを購入して、見てもスッキリとした印象を与えるものを購入して上手に収納しましょう。
ボックスやかごに入れる物はジャンルごとにわけて、何がしまってあるかを書いたシールを貼ることをおススメします。


カウンターを設置する場合は書類を片付けるスペースを作り、ちょっとした仕事などの作業スペースとして活用できるのでおススメです。
家計簿をつけたり子供の学校行事のプリントに目を通したりなどにカウンター収納があれば便利です。
外から帰ってきたときは、とりあえずコートや上着をかけられるようにハンガーラックを設置するのもひとつの方法です。
リビングにハンガーラックがあれば来客用としても利用できるので、ちょっとしたおもてなしにもなりますので、どうしたら有効活用できるのか工夫を考えてみましょう。


 

まとめ


家族


 

せっかくの山口で建てた新築住宅も、物が散らかっているリビングでは台無しです。
美しいリビングにするなら、リビングでも効率よく収納できる設計について考えましょう。

新築住宅を建てたあとに造成するより、最初から使いやすいように設計するほうが格段に楽なはずです!
まずはリビングが散らかる理由を考えてから、ライフスタイルに合わせた収納を作るのが重要です。

ぜひキレイなリビングで快適な生活を送れるように、忘れがちなリビング収納について考えて見てくださいね♪
 


 

11月2日(土)~3日(日) 開催イベント↓

今だけ50万円相当プレゼントキャンペーン!

>