ブログ/コラム

Blog/Column

  1. HOME
  2. コラム・ブログ - 建物・家づくり
  3. 新築住宅を建てたい人が一番最初にやりたい根回し方法

建物・家づくり

新築住宅を建てたい人が一番最初にやりたい根回し方法

「新築住宅を建てる」というのは、とても大変なイベントです。
土地選びから工事の打ち合わせ、書類の処理など、さまざまな段階を踏む必要があります。

そして他にも、「契約する前に、まず根回ししておきたいこと」も存在します。
新築住宅を建てる際、関係者に根回しして、協力してもらうことはたいへん重要です。

それぞれをおさえておけば、新築住宅の話はスムーズに進められるでしょう。
逆に根回しして同意が取れていない状態だと、後々でトラブルにまで発展することも。

本記事では、「新築住宅を建てたい人が、一番最初にやりたい根回し」について解説します。
新築住宅の話を始める前に、ぜひ、参考にしてください。

配偶者に根回しする方法

夫に根回し

まずは配偶者に対する根回しの方法について、考えておきましょう。
よくあるのが、「自分は新築を建てたいけれど、夫は先延ばししたがる」というケースです。

夫が新築を建てたくない、と思っているままでは、そもそも話すら始まりません。
また「仕方なく話に参加している」というスタンスを取られるのも、避けたいところです。
でなければ、自分の理想が通らなかったり、打ち合わせが滞ったりするなどのトラブルになり得ます。

よって夫にも、新築住宅を建てることに対して、ある程度前向きなスタンスを取ってもらう必要があるでしょう。
夫に新築住宅への興味を持たせるためには、「新築住宅のメリット」を理解してもらう必要があります。
メリットを理解してもらえれば、ある程度前向きになり、意見なども言ってくれるようになるはずです。

メリットを伝えるときに重要なのは、「論理的である」ということです。
心理学、あるいは生物学での話になりますが、男性は「論理的でないこと」を、強く嫌う傾向があります。
よって、「なぜ、そのメリットが必要なのか?」という点について、できるだけ論理的な説明をしましょう。
「なんとなくいいじゃん!」というようにアバウトな伝え方だと、男性は動いてくれません。

さらに心理学的なテクニックを使うなら、「両面提示」も有効です。
両面提示とは、要するに「メリットとデメリット、両方を伝える」ということ。
デメリットも伝えることで、「美点だけをアピールしているな」と思われづらくなります。

デメリットについては、「夫にとってどうでもいいこと」を伝えるのがベスト。
たとえばバスルームに興味がない夫へ、「お風呂は小さくなっちゃうけど......」と伝えるような形ですね。
デメリット、と言っていますが、この場合だと夫には本当にどうでもいいデメリットなので、断る理由としては挙げづらいわけです。
こういったテクニックを、「無関係提示」と呼びます。

根回しと少し逸れる部分もありますが、事前に夫の希望をしっかりと聞きだすことも大切。
なぜなら妻一人で主導してしまうと、後々で夫が不満を言うかもしれないから。

新築住宅を建てるときに、「どうでもいい、勝手にして」と言う態度を取る人もいます。
しかしそういう態度を取った人に限って、後々で「なんで天井がこんなに低いんだ」などと、不満を言い出すものです。
後々で不満を言われるとたいへん腹立たしいので、事前に希望は聞き出しておきましょう。

親族にも根回ししておこう

親

時には、両親や義両親への根回しも必要となるでしょう。
なぜなら、彼らから反対されたり、介入されたりというケースがあるからです。
そうなると、新築住宅を建てること自体が難しくなったり、理想的な新築住宅にならないといった問題が出てしまうかもしれません。
よって根回ししておくことで、反対や介入を防いでおく必要があります。

たとえば、
  • 「家を建てること」は、夫婦で考えることだというスタンスを見せておく
  • 新築住宅のほうが、子供に取っては健康的であるという考えを示しておく
  • 最近は「サブリース」や「不動産売却」などもしやすいから、リスクも低い
  • お金はじゅうぶんに用意していることをアピールするetc...

というような形で、何も口出しできないような空気感を作っておくのです。
できるだけ反対と介入を避けて、そもそも説得するような場面がないようにしたいところ。

あるいは両親・義両親のいずれかが新築住宅に対して否定的ではなかった場合、
お義母さんにお義父さんを説得してもらうように頼む」というのも、有効な根回しとして考えられます。

ただし両親や義両親が反対している理由は、実に正当なケースもあります。
介入されたとき、本当に無意味な介入かどうか、冷静に見極める必要があるでしょう。

彼らに家を建てた経験がある場合は、より注意すべき。
なぜなら、経験から裏打ちされた知識や注意点を聞き入れられるチャンスだからです。

営業担当者にも根回しする

営業

また、営業担当者に根回しするという方法もあるでしょう。
要するに営業担当者と協力して、夫や親族を納得させつつ、有利な方向へ進めていくというわけです。


営業担当者を味方につける最大のメリットは、「権威性が利用できる」というところ。
夫や親族が「営業という仕事に、どんなイメージを持っているか」ということにも左右されますが、基本的に営業担当者は、「新築住宅のプロで、権威がある」として写ります。

人間は、権威あるものに従う「権威への服従原理」という心理特性を有しています。
要するに「プロが言うことは信用しがち」、ということですね。

つまり営業担当者に「夫や親族を説得してほしい」と根回しすることで、権威ある説得、説明ができるようになります。
新築住宅についてよく知らない自分が解説するよりも、圧倒的に聞き入れやすいはずです。

また営業担当者も、「家を売る」という使命を帯びてそこにいます。
つまり「家を建てる」という立場の人間とは目的が一致しているので、快く協力してくるでしょう。

まとめ

家を建てる

新築住宅を建てるうえでは、「周囲の人間を説得し、理解させる」という過程が重要になります。
特に夫や両親、義両親へ根回ししておくことは、たいへん重要だと言えるでしょう。
ここを放っておくと、余計な反対意見が出たり、話を進められなかったりと、いろいろな不具合が出てきます。

普段から伏線を張ったり、引き入れられる人は味方につけておくなどして、できるだけ周囲から納得してもらえるようにしましょう。
うまく根回しできれば、思い通りに話を進められるようになるはずです。
是非、参考にしてください。


「いえとち本舗」の会員限定サイトでは、夫や親族も納得させられるような魅力的な住宅情報を配信しています。
また、間取りや施工実例なども、メンバーシップ限定で公開。
いずれの情報も、新築住宅を建てるうえで欠かせないものばかりです。
ぜひ、いえとち本舗のメンバーシップにご登録ください。

「いえとち本舗」会員登録はこちら

>