ブログ/コラム

Blog/Column

  1. HOME
  2. コラム・ブログ - 建物・家づくり
  3. 寝室をスッキリさせるウォークインクローゼット【いえとち本舗の新築・山口・周南・山陽小野田・防府・宇部】

建物・家づくり

寝室をスッキリさせるウォークインクローゼット【いえとち本舗の新築・山口・周南・山陽小野田・防府・宇部】

皆様こんにちは!
いえとち本舗山口中央店です。

本日は山口で新築住宅の購入をご検討中の皆様に『寝室はスッキリさせるウォークインクローゼット』についてご紹介をしていきます。            
 

山口の新築住宅でスッキリとした寝室するためにはベッドの周りには狭くならないように、余計なものを置かないようにすることが寝室の広く見せるコツです。

寝室に洋服タンスなどの衣類ケースを置くとどうしても空間が狭くなってしまいますので、せっかく山口で新築住宅を建てるのであればウォークインクローゼットを設置することがおすすめです。

山口で新築住宅を建てる機会に収納充実させるウォークインクローゼットについてメリット・デメリットなどをお伝えしていきます。


 

ウォークインクローゼットをつける前に


寝室

 

山口で新築住宅を建てるならしっかり考えておきたいのが収納スペースです。

ただし、たくさん収納スペースがあるから大丈夫とは十分には言えません。
使いたいときに取り出しやすいのが理想の収納スぺースです。

一般的のクローゼットは、扉を開け閉めできる収納タイプが主流ですが、ウォークインクローゼットは「人が通れるクローゼット」のことを言います。

また、2つの出入り口を設けて行き来ができるウォークスルークローゼットなど、クローゼットでもいくつかの種類があります。

中でもここからは、山口で新築住宅を建てる際に1番人気のウォークインクローゼットについて、メリット・デメリットなどをお伝えしていきます。
 


 

ウォークインクローゼットのメリット


メリット・デメリット

 

山口で新築住宅を建てる際に寝室にウォークインクローゼットを設置するメリットとは・・・
 
ウォークインクローゼット内で着替えが可能

ある程度の広さのあるウォークインクローゼットなら、衣類を選びその場で着替えることができます
扉を閉めれば独立したスペースになり、寝室に人がいても気にすることなく着替えられて衣装部屋としても活用することができます

洋服の整理整頓がしやすく衣替えしなくても良い

収納タンスや収納ケースなどに衣類を収納すると、季節ごとに衣替えをしなければならないので、面倒です。しかし、ウォークインクローゼットなら収納スペースが広いため整理整頓しやすく、季節ごとに衣服を収納するところを決めておけば衣替えをする手間がはぶけてとても便利です。

洋服以外も収納が可能

収納タンスなどとは異なり、洋服以外にも衣替えをする布団や寝室で使う扇風機・暖房器具などもまとめて収納できるので、寝室で必要なときにすぐに取り出しやすく片付けやすい形で収納できます

寝室がスッキリする

ウォークインクローゼットを備え付ければ寝室内に収納タンスや収納ケースなどを置く必要はありません。
もし地震が起きたときでも家具の倒壊でケガをする心配がないのでより安心です。


 

ウォークインクローゼットのデメリット


詰める

 

新築住宅で利便性が高いと評判の寝室のウォークインクローゼットですが、人によっては設置したことがデメリットに・・・
寝室に設置した場合に限らず、ウォークインクローゼットのある間取りにしたことがデメリットになるのは次のような場合です。

片付けが得意ではない人は物が溜まりやすい

ウォークインクローゼットは収納スぺースが広いため、何をどこに置くかをきちんと決めて使用しないとただ物を詰め込むだけになってしまうので勿体無いです。
整理整頓せずに詰め込んでしまうと、奥や下に入ったものが取り出しにくくなり、使い勝手が悪くなります
また、詰め込むだけになってしまうと何をどこに置いたのかが分からなくなってしまい、使わなくなってしまった物も溜まりやすくなります。

・空いているスペースを埋めたくなる人は、ただの物置になる

歩く動線を確保できるように収納しないと物置のようになってしまい、かえって不便になります。
空いているスペースをすべて収納しておきたいという方には新築住宅にウォークインクローゼットを設置することをおススメ致しません。
デメリットといってもウォークインクローゼットを設置することに問題があるわけではなく、ウォークインクローゼットの使い方を知らずに使うと使いこなせないと言ったほうがよいのかもしれません。


 

ウォークインクローゼット×家族構成


家族

 

ウォークインクローゼットの収納スぺースは広ければ広いほどよいというわけではありません。

家族の人数によって収納する洋服などの量がほぼ決まってくるからです。

狭すぎると収納したい洋服が入らなくて不便なのは当然ですが、広すぎてもそれに合わせて物が増えすぎてしまい、使い勝手が悪くなります。

なので、山口で新築住宅を建てる際にはウォークインクローゼットの収納スペースをたくさん設けるわけではなく、家族の人数に適した広さのウォークインクローゼットにすることが重要です。

たとえば、2人暮らしなら寝室に2畳分、洋服が大好きでたくさんある方は3畳というのがおよその目安です。

ただし、将来的に子供ができて、家族が増えるのであればそのことも見越した広さにしておく必要があります。
大人2人と子供2人なら4畳もしくは4畳半程度がちょうどいい広さかと考えられます。

子供の成長により、収納する洋服が増えたときのことも想定するのであれば、それ以上の広さを確保することが良いかもしれません。

また寝室1カ所に家族全員の衣類を集めるのでなければ、使う人数に合った広さのウォークインクローゼットを数カ所にわけて設置することを考えてもよいでしょう。


 

整理整頓がしやすいウォークインクローゼット


洋服


ウォークインクローゼットにも間取りの種類があります。
使いやすいウォークインクローゼットにするためには、物を置くスペースと人が通るスペースをあらかじめ決めておく必要があるからです。

少なくとも、人が通れる幅は60cm確保しておくのが理想です。

ウォークインクローゼット内の間取りの種類は次の4種類で、それぞれメリットがあります。

①I

片方の壁側にすべて収納して、もう片方の壁側を通路にするという間取りです。

入り口から奥行きが広い場合はI型にすることで限られたスペースを活かしやすくなります。

②II

両側の壁に沿って収納できるように、真ん中に通路を作る間取りです。

通路の左側と右側で2人の洋服をどちらかにわけて収納すると、どちらに自分の洋服やアイテムがあるのかわかりやすく、使いやすいです。

③L

片側の壁沿いと奥側をハンガーがかけられるようにする間取りです。
II型にするには広さが足りないが、I型で使うにはスペースが広すぎてもったいないというときに選びたい間取りです。
入り口横の壁沿いに棚を設けて、奥側は洋服をかけられるようにするなど、収納方法を分けるとより使いやすくなります。

④コの字型

両脇と奥側の壁をすべて収納に使用する間取りです。
4畳半以上の広さがある場合はコの字型の間取りにすることで、衣類の整理整頓がしやすくなります。

ウォークインクローゼットの広さ・間取りは暮らしのイメージ作りからはじめましょう!

山口で新築住宅を建てる際には、寝室にウォークインクローゼットを設ければ、寝室がスッキリします。

しかし、収納力だけでなく、寝室からの出入りのしやすさや衣類の出し入れのしやすさも考えて間取りや広さを選ぶことが大事です。

現在のライフスタイルや今後の家族構成などでも変わっていくため、住み始めてからの暮らしをどれだけイメージできるか重要です。

いえとち本舗山口中央店では、お客様のライフスタイルに合わせた理想の新築住宅の施工事例もご提供しています。

実際にお客様が建てた新築住宅もご紹介しており、新築住宅を建てる際にとても参考になりますので、ぜひ一度ご来店下さい。




11月9日(土)~11月10日(日)開催イベント↓

第二弾!増税後でもおトクな2%還元キャンペーン!

>