ブログ/コラム

Blog/Column

  1. HOME
  2. コラム・ブログ - 建物・家づくり
  3. 家づくりの流れ【いえとち本舗の新築・山口・宇部・防府・山陽小野田・周南・下松】

建物・家づくり

家づくりの流れ【いえとち本舗の新築・山口・宇部・防府・山陽小野田・周南・下松】

イエテラスの新築、いえとち本舗山口中央店の下村です。
本日は宇部・山陽小野田・防府・山口・周南で新築住宅をお考えの方に、
家づくりの流れ」についてお伝えします。


家づくり


今回は、新築住宅を建てる際の「家づくりの流れ」についてお伝えをしていければと思います。

 

家づくりの流れを知る

 

「山口で新築住宅を建てたい!」「マイホームが欲しい!」 とお考えの方、
いざ新築住宅を建てようと思っても、いつ何をして、どうすればいいのか
わからないことだらけですよね。
そこで、まずは新築住宅を建てる際の「家づくりの流れ」を知ることが大切です。
 
以下より、どのタイミングでどのようなことを行うのかについてお話させていただきます。少しでもみなさんの家づくりの参考になると幸いです。

 
 
家づくり

 

家づくりに必要な3つのSTEP

 

家づくりに必要なことについて大きく3つのSTEPに分けてお話させていただきます。

 

STEP1ヒアリング~土地決め

 

〇お家づくりヒアリング

営業担当者が、家づくりについてのご説明、ヒアリングをさせていただきます。
みなさんが思い描いている新築住宅、住まいのプランについてのご要望を出来るだけ詳しくお聞きさせていただきます。
 
まずは、どこに住みたい、どのような暮らしをしたいのかという理想の暮らしについて
家族全員で話し合いましょう。
 

 

〇概算資金計画

現在お支払いされている家賃や、年収に応じて、無理なくローン返済が出来る、
住宅・土地の予算の目安をご提案させていただきます。
 
山口で新築住宅を建てると決めたら、まずは、
家づくりに必要なお金のことを考えましょう!

 
資金計画で大事なポイント☟
将来をイメージして「いくらまでなら返せるか」という返済計画を立てること。
 

借りられる金額ギリギリまで借りると、
突然の大きな出費に慌ててしまう可能性があります。
 
お子さんの誕上や、結婚、進学などこれからの将来のイメージを
ふくらませ、家計状況の変化に対応できるよう、無理のない返済計画を
立てておきましょう。
 

 

〇住宅ローン事前審査説明

事前審査の必要性や内容、提出時の持参物などをご説明いたします。
 
住宅ローンを組むためには、金融機関の審査を通過しなければなりません。
審査で考慮されている項目としては、完済時年齢、健康状態、担保評価、借入時年齢、勤続年数などがあげられます。
 
住宅ローンの審査の基準は、銀行によって様々違いがあります。
年収や借入金額・返済期間が同じであっても、審査に通る銀行と、
通らない銀行もありますのでご注意ください。

 

 

〇住宅ローン事前審査申込

事前審査申し込みで必要なものとしては以下のものがあげられます。
・事前審査申込書
・運転免許証
・健康保険証
・借入残高のわかるもの
・源泉徴収票
・個人経営の方は3期分の決算書一式

 

〇土地見極め

希望地域で売りに出ている土地をご紹介し、建物を建てるプロとして
アドバイスをさせていただきます。
 
理想の家づくりには、土地探しが重要となります。
しかし、土地探しには難しい面がたくさんあります。
土地には2つの面積があること、自由に住宅を建てられない土地がある、
土地の契約と建物の契約は別であることなど、様々な法律で定められたルールがあります。
難しい部分は、ぜひ相談できるプロの方に相談し、疑問や不安をなくしていきましょう!


 

〇住宅ローン事前審査 結果ご連絡

書類提出後1週間後で結果がでます。
結果が出たらご連絡させていただいております。


 

〇資金計画提示

お客様の要望に応じて間取りプランを提案し、それに合わせ、概算金額、
資金計画も提示させていただきます。
ここで、もう一度、返済計画に無理がないかご確認いただいております。

 

〇土地 現地確認

土地を絞り込み、現地を確認します。
 
土地周辺に何があるか、日当たりや風通しはいいのか、また、隣地との境界線もしっかりと確認しておき、後で後悔をしないようにしっかりと敷地選びをしましょう。

 

計画

 

STEP2色決め~土地決済

 

〇内・外装の色決め

思い描かれている、理想の住まいを実現するお時間です。
お好みの色を選んであなただけのお家に仕上げます。
 

〇Panasonicショールームへ

カタログを見ながら考えてもなかなか決められませんよね。
スタッフがショールームをご案内しながらお風呂やキッチンを決めていきます。
実際に見て決めることができるのはうれしいですよね。
 

〇土地契約

土地所有者と不動産屋と日程を合わせ、土地契約をします。
土地契約には、手付金と契約印紙代が必要となります。
 

〇請負契約

請負契約とは、当事者の一方がある仕事を完成することを約束し、
相手方がその仕事の結果に対して報酬を支払うことを約束する契約のことです。
 
見積書・設計図書に基づきご契約を締結させていただきます。
お支払い条件としては、以下の通りです。
着工時30%
上棟時30%
完了時40%
 

〇住宅ローン 融資本申込

銀行またはフラットへ融資本申し込みをします。
 
事前審査は銀行などの金融機関が行い、本審査は信用保証会社が行います。
事前審査を無事に通過した場合でも、本審査で落ちてしまう場合もあるので、注意が必要となります。
 

〇住宅ローン 融資結果ご連絡

1週間~10日程で結果が出ます。
結果が出た後、ご連絡させていただいております。
 

〇内・外装の色決め内容確認

 

〇見積・資本計画書提示

詳しい打ち合わせ後の資金計画、見積書の確認をし、変更契約をします。
 

〇工務引き継ぎ

現場担当へ引き継ぎをし、図面やプランボードの最終確認をします。
 

〇土地決済(土地代金支払い)

土地の売主と司法書士の立会いにて、
代金の授受と所有権の移転を行います。
 
当日行うこと

 ・売主から買主に土地の名義を移転するために必要な書類の確認
 ・売主の住宅ローンなどの抵当権がないかどうかの確認
 ・買主が利用する住宅ローンの関係の書類確認
 ・抵当権設定登記申請)
 ・買主から売主への土地代金の残りの支払い
 ・各種料金の支払い  

土地決済の日に何をするのか、事前に知っておくと、どの書類にどんなサインをしているのかが明確になります。
 
 

〇確認申請提出

役所に必要書類を提出し、建築確認を申請します。
 

〇地盤調査

地盤調査をします。
結果次第で工程が変わります。
 
家づくりで難しいことの1つに地盤があげられます。
環境のいい場所を求めた場合でも、
・不同沈下
・液状化
・盛土

に遭遇してしまうと、建物を使用することは難しくなってしまいます。
 
地盤に関しては専門性が必要とされますので、一級建築士などの頼れる方に相談した方が安心です。
 
 

STEP3着工~引渡し

 

〇地鎮祭

工事中の安全、工事後の家内安全を祈願します。

暖かい

 

そもそも地鎮祭とは?


地鎮祭とは、新築住宅工事の前に行う神様へのご挨拶の儀式といえます。
地鎮祭で土地を利用する許可を得ることによって、崇りを防いで工事の安全を祈ります。建築工事を着工する前に大安の日を選んで、地鎮祭は行われます。
ただ神様のために行う行事としてではなく、家づくりを依頼する施主様や施工業者、職人などが一堂に集まる機会ともとらえることができます。
人生に何度もできる経験ではないと思われますので、ぜひ家づくりの記念として
行われるといいでしょう。
 

〇着工

地盤調査の結果次第で地盤補強工事着工し、
その後、基礎工事着工します。

 
 

〇上棟(餅まき)

建物の棟が上がり、上棟の段階になります。
 
家を建てる際に、骨組みが出来上がり、最後にその上の棟木を上げることを棟上げと言いますが、その棟上げの際に餅まきを行います。
餅まきは、棟上げが行われる上棟式の際に散餅の儀として、厄災を祓うとともに、
地域の方々への感謝と、皆さんに福を分けるという意味があると言われております。
ここでご近所さんとのつながりを築いておくこともできるので、家づくりの思い出にもなり、いい行事であると思います。
 
 

〇社内検査

お客様に立ち会っていただく前に社内で入念な検査を行い、
キズや不具合を確認しています。
 

アフター


 
以上のステップにより新築住宅の家づくりが行われております。
 
今回は「家づくりの流れ」についてお話いたしましたが、
新築住宅が完成するまでの流れが少しでも理解できましたでしょうか。
 
宇部・山陽小野田・防府・山口・周南で新築住宅をお考えの方、
家づくりに関してお悩み事などございましたら、お気軽にご相談ください。
いえとち本舗ならあなたに丁度いい新築住宅をご提供できます。
是非一度ご来店ください。


9月14日(土)~9月16日(月)イベント↓

アパート脱出大作戦&わくわくイベント同時開催!

>