ブログ/コラム

Blog/Column

  1. HOME
  2. コラム・ブログ - 建物・家づくり
  3. 家を持とうとしたきっかけ【いえとち本舗の新築・山口・宇部・防府・山陽小野田・周南・下松】

建物・家づくり

家を持とうとしたきっかけ【いえとち本舗の新築・山口・宇部・防府・山陽小野田・周南・下松】

イエテラスの新築、いえとち本舗山口中央店の杉田です。

本日は宇部・山陽小野田・防府・山口・周南で新築住宅をお考えの方に、

家を持とうとしたきっかけ」についてお伝えします。

今から、山口・周南・宇部・山陽小野田・防府で新築住宅を建てようと思うと、たくさんの不安が出てくるかと思います。

山陽小野田・周南・宇部・山口・防府で新築住宅を建てるのに、「何がわからないのかがわからない!」という状態になってしまいますよね。

防府・山口・宇部・周南・山陽小野田で新築住宅を建てることは、 ほとんどの方が一生で一番の大きな買い物になると思いますので、絶対に失敗はしたくないものです。

今回は、子供と暮らすちょうどいい家づくりにお伝えをしていければと思います。
 

 

山口で新築住宅を建てようと決心したお客様へ


家族


新築住宅はそれぞれのご家庭により事情が変わります。

予算」「必要性」「要望」「条件」と新築住宅を計画する事情が、ご家庭が違うのです。

そして、子供の成長や環境の変化とともに、その事情も欲しいものも変化をしていきます。

先日のコラムでもお伝えしてきましたが、子供の将来を見据えての家づくりも課題がたくさんあります。
 
「これが理想の新築住宅だ!」と正解を見つけたとしても、新築住宅でも暮らしの中で、子供の成長や環境の変化とともに、求めるモノが変化するものなのです。

このように考えますと、今現在の状況のみだけで、山口で新築住宅を計画するのではなく、少なくとも10年後、出来れば20年後も山口で暮らしていく住まいをイメージして計画することが重要だと分かりますね。

そうすることが10年後、20年後も後悔しない山口での新築住宅が建てれそうです。

 

家を持とうとしたきっかけ


スタート

 
皆様は山口で新築住宅を建てることにおいてどのようなご要望をお持ちでしょうか?

設備、間取り、デザイン、価格、場所、学校の校区の条件など、初めての新築住宅にしろ、子供が独立されたのちのリフォームにしろ、新築住宅には誰しも夢がありますよね。

しかし、全ての要望を叶えた理想の新築住宅にしたいのですが、土地の条件や予算に何かしらを妥協しなければならないというのが現状だと思います。

そこで多くの方が打開策を見つけて、ちょっとずつ予算や間取りの条件を変更したり、理想の新築住宅に近づけていくのですが、
時には、時間と労力がかかり、希望や理想などが少しずつに削られて、家づくりに行き詰ってしまうこともあります。

そんなときには、一度立ち止まり、最初に「なぜ、家を持ちたいと思ったのか」を考えてみましょう。

 例えば、山口で新築住宅を考えたきっかけが、現在は賃貸アパートにお住まいで家族が増えたのに「高い家賃を払い続けるのがもったいない」という方がいたとします。

その方が新築住宅を考えているうちに、外装や壁紙なデザインへのこだわりが強くなり結果予算をオーバーしたデザイン重視の新築住宅を建ててしまい月々のローン支払いに追われてしまうことになる。

なんて、せっかくの夢の新築住宅が進め方によっては、今の生活を圧迫して負担がかかってしまいます。

それではせっかく山口で新築住宅を建てるのに、楽しい気持ちが半減してしまいます。


 

新築住宅を建設するための計画性


ステップ


山口で新築住宅の計画が進まなくなってきたとき、またこのままで大丈夫なのか?

と進んでいる方向に心配ことを感じたときは、

山口で新築住宅を建てたいと考えたキッカケを振り返ってみて、頭を休めて整理をしてみてください。

そうすればきっと、理想の新築住宅への道が見えてくるはずです。


 

資金計画のタイミング


リビング
山口で新築住宅をご検討中の皆様、建築・設備費の予算はきちんと把握されていますでしょうか?

予算を把握しないままに新築住宅のプラン選考を始めてしまうと、せっかく理想の新築住宅プランができたのに、住宅ローンの組める金額を超えてしまったり、反対にもう少しゆとりがあって、贅沢ができたのに妥協した家づくりになってしまったということにもなりかねません。

それではどちらにしても損します!

重要なのは、現在の収入で「いくらまで毎月の住宅ローンを支払いできるのか?」と将来をイメージして考えるべきだということです。

新築住宅だけが立派にあっても、旅行や外食など家族との大切な思い出さえ作ることができません。

資金計画は、支払い続ける限界を考えるのではなく、余裕をもった「ゆとりのある予算」を計画していくことがポイントなのです。
 
まず初めに、毎月これくらいの支払いならゆとりのある生活出できるという金額について考えましょう。

現在、家賃が5万円でちょうどいいとお考えであれば、私たちはその5万円で建てられる土地と建物のプランをご提案いたします。

そして、実際その5万円で考えた住宅のローン総額が銀行で通るか、事前審査をしましょう。
 
資金計画を後回しにしてしまうと、何度も打ち合わせに足を運んだのにもかかわらず、
住宅ローンの審査が通らず、労力だけが無駄になってしまいます。
 
時間や労力を無駄にしてしまわないためにも、まずはしっかりと資金計画を立てましょう。
 
 

これだけは押さえたい土地探しルール


スキル

 

新築住宅がどんなに立派でも希望する土地がなければ何も始まりません。

土地を探すなら不動産会社が土地いっぱい持っていそうなイメージがあると思います。

ですが、不動産屋は、不動産取引のプロですが、建物のプロではありません。

したがって、建築基準法の知識のない不動産営業マンですと、

その土地にお客様の理想の建が住宅てられるのかを配慮せずに土地を買わせてしまう、ということケースが起こります。
 
例えば、自由に住宅を建てられない土地があります。

見たん目は同じような土地でも、その地域によって様々な土地利用の制限があります。

その中でも「市街化区域」であるか「市街化調整区域」であるかなど、「市街化区域」は住宅を建てることができますが、
「市街化調整区域」の土地は安く手に入れることができますが、住宅を建てるのにはクリアしなくてはいけない様々な条件がありますので、
どんなに気に入った土地を紹介されても、即決せず必ず建築会社に相談しましょう。

ちなみに当社での土地探しでは、

・境界線が確定しているのか

・巻尺等で実際の土地の大きさを確認

・土地の登記簿謄本を入手し、所有者を確認

・建築コストアップになる形状の土地ではないか

・その道路は、本当に建築基準法上の道路なのか

・日当たりの確認


など様々な具体的な「土地探しのポイント」を現地でチェックしています。

建築敷地から山口で新築住宅を計画する場合、土地探しもしなければいけませんが、
当社にお任せをいただければ、お客様のご要望に沿って、土地探しのお手伝いを致します。

家族の10年後20年後を考えた上での安心できる土地探しをしましょう!


よく土地探しをするにあたり「○○小学校の学区内で」というお客様がいます。

現時点でのお子様の生活拠点を希望しているのですよね。

しかし、ほとんどのお客様がのちに

「なぜ、あんなにも小学校・中学校の学校校区にこだわったんだろう」

「高校生になれば、学校校区など関係なかったのに」

な学校校区について考えすぎて、失敗したとの意見を聞きます。

子供の学校校区で限定するのではなく、土地購入金額を一番にはじめに考えて、

新築住宅の本体への資金割合を重視した方が、住みやすい住まいになるはずです。


 

経験値の無い買い物

 
約束


山口で新築住宅を建てようと決意することは、本当に勇気がいることです。

生涯で1番高額な個人の買い物と言われる新築住宅は、簡単な買い物ではありません。

ほとんどのお客様が、住宅の購入は初めての買い物なのです。

経験値が無いのは当たり前なことです。

たとえ高価な自動車でも何度か購入すると買い方や選び方も分かってきますが、新築住宅は、繰り返し購入する人はほとんどいないのです。

経験値がないので、誰でも迷い、そして不安な買い物になるのです。

人生の買い物の中でも特別高額なのです。

「失敗したくない」という恐れが緊張感を生み、

「騙されたくない」という猜疑心が生まれるのも当然のことでしょう。

ましてや、新築住宅ということになったら、契約時には家は出来上がっていないのです。

分譲マンションや建売住宅のように完成品を見ることも出来ないのです。

契約するにも図面と見積書で判断して、決断しなければいけないのです。

実物を見ないで、モデルハウスや現場見学会で

「このような雰囲気に」

「このような感じに」

ということで契約するのです。

経験値のない買い物を実物を見ることなく、選ぶのは不安だらけだと思います。

だからこそ私たちいえとち本舗は、信頼を約束します。

ご相談事ございましたら、お気軽にお問合せ下さいませ。



8月17日(土)~8月18日(日)の最新イベント情報↓

30分聞くだけで400万円得する相談会

>