ブログ/コラム

Blog/Column

  1. HOME
  2. コラム・ブログ - 建物・家づくり
  3. 子供が安心できる家②【いえとち本舗の新築・山口・宇部・防府・山陽小野田・周南】

建物・家づくり

子供が安心できる家②【いえとち本舗の新築・山口・宇部・防府・山陽小野田・周南】



イエテラスの新築、いえとち本舗山口中央店の杉田です。

本日は防府・山口・山陽小野田・周南・宇部で新築住宅をお考えの方に、「子どもが安心できる家」についてお伝えします。

今から、宇部・防府・周南・山陽小野田・山口で新築住宅を建てようと思うと、たくさんの不安が出てくるかと思います。

宇部・周南・山口・山陽小野田・防府で新築住宅を建てるのに、「何がわからないのかがわからない!」という状態になってしまいますよね。

山陽小野田・防府・宇部・山口・周南で新築住宅を建てることは、 ほとんどの方が一生で一番の大きな買い物になると思いますので、絶対に失敗はしたくないものです。

子供と安心して過ごせる家とは

新築は子供の成長を見据えて、選ぶ決め手の1つになると思います。

しかし、子育てをしながら住宅ローンの支払いで持ち家をもつことをご心配されている方も多いですよね。

今回は、新築注文住宅を持つことのメリットについて少しばかりではございますが、お伝えをしていければと思います。

新築住宅を持つメリットとしてあげられるのが、賃貸アパートに比べて、子供がつい走ってしまう物音や子供の泣き声を気にしなくても良いと言う点です。

賃貸アパートでしたら、お隣の方に気を遣いながら子育てをしなければならないので、子供ののびのびとした健やかな成長を

無意識のうちに妨げてしまうことも多くなるはずです。

持ち家をもつことで、子供には元気いっぱいに家の中で過ごしていただければ、より明るい家庭を作ることができます。

また、賃貸アパートと違って、壁紙に消えない落書きをしてしまったなどの子供のいたづらで困り事も寛容になれるのではないでしょうか。

更に、庭で夏には簡易プールを設置したり、バーベキューをして楽しんだり、冬には雪合戦など家族と家で過ごした思い出をつくることができ、コミュニケーションも格段に広げることができます。

子供の安全を守るための最高等級の建物耐震等級3相当!

日本は地震大国ではあり、他県の地震災害のニュースを目にしますが、山口県はあまり大きな地震がおきていません。

しかし、油断は禁物です。最近は新築住宅を建てる際に耐震を気にされる方が非常に増えてきています。

耐震等級1は、まれに発生する大地震(震度でいうと6強から7程度)に対して倒壊、崩壊してはいけないレベルとなっています。

つまり法律では最低限、耐震等級1を満たし震度6から7で最低倒壊しない新築住宅を建築しなさい、と定められています。

ですが、当社の建物は地震に強い、最高等級の建物耐震等級3相当で、地震対策を施しています。

こちらは、阪神・淡路大震災相当の1.5倍の力の地震でも倒壊しない程度です。(警察署や、消防署など大震災でも倒壊しない建物と同じ基準です。)

今後、どんな自然災害が起こるかわかりませんので、万が一に備えて対策は必要です。

耐震等級が高ければ高いほど安心の建物ということになりますので、子どもが安心できる家をご提供しています。
 

省令準耐火構造で、火災保険料も安くなるワケ

住宅ローンを組む際に、万一、火事で自宅が燃えてしまって、ローンだけが残ってしまうようなことを避けるためにも、建物に関しては火災保険に加入するのが一般的です。

「私の家はオール電化だし、たばこも吸わないから大丈夫」と思っている人も、隣りの家からのもらい火で自宅が燃えてしまった場合はどうでしょう。

“自分の家は自分の火災保険で守る”必要があるのです。

その中でも当社は省令準耐住宅にすることをおすすめしております。

省令準耐住宅にすることで、鉄筋コンクリート住宅などと同じ保険料率にすることができ、火災保険料を安くすることができるのです。

省令準耐火構造の3つのポイントをお伝えします。

①隣家などから火をもらわない。

②部屋から火を出さない。

③部屋から火が出た場合にも広げない。

火災保険料を安くすることで家計にも優しく、火災が発生しても通常の木造住宅と比較しても、火災を最小限にくいとめることができます。
 

子供の安眠を取るためにも欠かせない窓

日々の疲れを改善するためには、質の良い睡眠は欠かせません。

子供の成長のためにも質の良い睡眠をとることは大切です。

せっかく建てた新築住宅なのに、あまり眠れない、寝起きが悪くなってしまった・・・

そうなってしまうよりも質の良い睡眠を取れるのが理想で、毎日快適に過ごしたいですよね。

よりよい睡眠を取りやすくなる子どもが安心できる家には、部屋の広さや温度・湿度・遮光・防音・色彩などが挙げられますが、

さらにその環境を整えるのに必要なのが、『ペアガラス(複層ガラス)』です。

一流ホテルでも外の騒音を遮断するために窓が2重サッシが増えてきています。

遮光カーテンも活用することで部屋を暗い環境にすることで睡眠の質が上がりますが、

断熱性が高く、結露しにくいのが特徴の『遮熱Low‐Eガラス』を当社は使用しています。

夏は室内に入る太陽の熱線を約60%カットして、冬は室内熱を外へ逃がしにくくするため、普通のペアガラスよりさらに冷暖房の効率も高めることができます。

エアコンの省エネにもつながりますし、質の良い睡眠を取りやすい住宅環境につながります。

ののどもが安心できる家の新築住宅を建てる際には毎日の睡眠の事も考えてみてくださいませ。
 

1年中快適な新築住宅

昔の建物は左程、断熱性能が重視されていませんでしたが、現在の新築住宅は更に快適性を大切にするため断熱性能をしっかりと確保しています。

先ほどご紹介しましたペアガラス(複層ガラス)に加えて、更に壁や屋根の断熱性能にをグッと上げる方法がございます。

当社は人にも環境にも優しい安心の『高性能グラスウール』を使用しています。

こちらは、短いガラス繊維でできた綿状の素材で、放火性にも優れてにもおりまして、従来のグラスウール繊維をより細く均一にすることでより高い断熱性能を現実化しています。

今の夏の暑い時期にエアコンをつけてもなかなか快適な温度にならない、冬は暖房をつけてもなかなか温まらず、朝の布団から出たくないなど、せっかく建設した新築住宅なのに不快感があればとても残念ですよね。

このような問題を改善したいというのは当然あると思います。

夏は外からの熱を最小限に抑えたい、冬は室内の熱を外に逃がしたくない。

つまり子どもが安心できる家には断熱性能は必須です。

そこで当社では『遮熱Low‐Eガラス』仕様の窓+『高性能グラスウール』仕様の壁や屋根をおすすめしています。

壁や屋根のなかの断熱材も様々なものがあるので皆様も調べてみると面白いですよ。

子供が生まれたご家庭やこれから生まれる予定のご家庭では意識するポイントも違ってくるかと思いますが、

子育てはとても大変なことで、またとても大切なことです。

子どもが安心できる家の重要ポイントを押さえて、カバーができる新築住宅を探すお手伝いができれば幸いです。

当社では以上のようなちょっとした工夫の点も踏まえながら、お客様のご要望に沿って、お打合せをさせていただきます。

これからの幸せな家庭の為に理想的なお住まいとなるようにご提案をさせていただきます。

ちょっとしたご不明な点もございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。



7月13日~16日、19日は夏祭!家祭り開催!

【山口・防府・宇部・山陽小野田・周南】で【月3万円から高性能なスマートハウス イエテラスの新築】

>