ブログ/コラム

Blog/Column

  1. HOME
  2. コラム・ブログ - 建物・家づくり
  3. 子どもが安心できる家【いえとち本舗の新築・山口・防府・宇部・周南・山陽小野田】

建物・家づくり

子どもが安心できる家【いえとち本舗の新築・山口・防府・宇部・周南・山陽小野田】

イエテラスの新築、いえとち本舗山口中央店の永井です。

本日は山陽小野田・防府・宇部・山口・周南で新築住宅をお考えの方に、「子どもが安心できる家」についてお伝えします。

今から、山口・防府・周南・山陽小野田・宇部で新築住宅を建てようと思うと、たくさんの不安が出てくるかと思います。

宇部・山口・周南・山陽小野田・防府で新築住宅を建てるのに、「何がわからないのかがわからない!」という状態になってしまいますよね。

周南・防府・山陽小野田・宇部・山口で新築住宅を建てることは、 ほとんどの方が一生で一番の大きな買い物になると思いますので、絶対に失敗はしたくないものです。

周南・山口・山陽小野田・宇部・防府で新築住宅を考えるきっかけの一つに、「子どもが生まれたから」というのがあります。
 



子どもが生まれると、生活リズムやお家の中・精神状態までもがガラッと変わってきます。

特に小さいお子様がいらっしゃるご家庭では、賃貸アパートでの暮らしに苦労されているのではないでしょうか?

なので本日は、「子どもが安心して暮らせる家」をテーマにしていきたいと思います。
 

「子どもが安心して生活できる家」とは?

具体的に、「子どもが安心して過ごせる家」とはどんなものでしょうか?

「子どもが安心できる環境」=「大人が安心して、子どもを育てられる環境」と考えられます。

子どもの目線に立ってみると、普段の生活の中にも実は危険がいっぱいです。

特にわんぱく盛りの小さなお子様がおられる方は些細な行動でもヒヤヒヤされることが多いのではないでしょうか?

「安心して暮らす」ということは意外にも難しいものです。しかし「安心して暮らすためのポイント」を押さえておくことで未然にお家での事故・トラブルを防ぐ事ができ、安心して暮らす事ができます。

以下では「安心して過ごせるお家~キッチン編~」についてお伝えします。
 

安心して料理のできるキッチン

キッチンは水や電気を多く消費するスペースであり危険が沢山潜んでいます。

特に小さいお子様がいらっしゃるご家庭では集中して料理をすることは難しくなってきます。

赤ちゃんならば泣いたらすぐミルクをあげ、オムツを変えてあげなければなりません。

少し大きくなって一人遊びをするようになっても、急にキッチンに入ってきたり目を離したすきに危険なことをしていないか心配になりますよね。

そこで、山口・防府・宇部・周南・山陽小野田で新築を考えられている子育て世代の方にオススメのキッチンは、「対面式キッチン」です。
 


対面式キッチンって?

対面式キッチンとは、リビングやダイニングに対面する形で設置されたキッチンの事です。家族や来客と話をしながら料理をしたり片付けができ、開放的な空間を演出してくれるため人気です。

なので、リビング・ダイニングの様子を見ながら料理や片付けをする事ができます。キッチンから見える場所にお子様の遊びスペースを設けることで、お子様の様子を見ながら料理が出来るのでとても安心ですね。

しかし、一般的な対面キッチンのマイナスイメージとして「収納スペースが少ない」ということが挙げられるかと思います。

そこで私たちいえとち本舗では、キッチンを対面式キッチンに変更することが可能になっております。

住宅機器は全てPanasonicをご提供させていただいています。Panasonicのキッチンは機能性に優れており、収納スペースも広~く確保されています。

対面キッチンにプラン変更をした際も多くの収納スペースがありますのでキッチンをすっきりと見せる事ができ、開放的で魅力的な空間を作り出す事ができます。

お子様の安全を見守りつつも効率の良い料理が出来る「対面式キッチン」は、子育て世代の方々以外にも開放的な空間を好まれる方にオススメしております。

対面式のキッチンの入り口の部分にゲートなどを付ければ簡単にお子様の侵入を防ぐことが出来るので、集中して作業をする事ができますので安心ですね。

散らかったおもちゃなどを急な来客時にサッと隠せるような仕切り等についていると尚更便利だと思います。

また、シンクのカラーやキッチン空間を自分らしくコーディネートする事ができます。様々な種類の色からお選びいただけます。オプションでキッチンの天板を人工大理石にプラン変更することもできます。

自分の好きな色や形に囲まれながら料理をするって、とても楽しいですよね。生活の質がグッと上がると思われます。

お子様の安全を確保しながら、ご自身も過ごしやすい環境をご提供できれば感無量でございます。

続きまして、キッチンの次は寝室の話をしたいと思います。
 

子どもが安心して過ごせる家~寝室編~

日本では昔から、子どもがある程度大きくなるまで両親と一緒のベットや布団で寝るといった習慣があります。

寝る瞬間まで家族とのコミュニケーションを深めることで家族の絆も深まるのではないでしょうか。

お子様が寝るまで、そばで見守る事ができたら安心して寝る事ができますよね。

なので、山口・宇部・周南・山陽小野田・防府で新築住宅を検討される時は、主寝室を広めにとっておくことをオススメ致します。

ベット派の夫婦様だけならダブルベットでも十分かもしれませんが、お子様がある程度大きくなられるまで一緒に寝るとなればもっと大きめのベットに変えるかシングルベットをくっつけないと狭くなってしまいますよね。

そうなれば少なくとも7帖以上は必要になってきます。

お子様が2人以上おられるとなれば、もっと広い部屋が求められてきます。

主寝室のシュミレーション

家が完成してからいざ主寝室を見てみると意外と小さかった、、、なんてことがあると悲しいですよね。

それを防ぐためにあらかじめベットや布団の寸法を測っておき、主寝室でのシュミレーションを行うことが大切だと思います。

お子様が1人であれば布団の敷き方等で工夫すれば6帖でも親子3人で並んで十分に寝ることが可能です。

寸法だけをチェックするのではなく、ベットや布団の置き方や向きをシュミレーションすることも必要になってきます。

実際の寝室のイメージがつきやすいのはやはりモデルハウスです。出来るだけ正確にイメージができるようにするために、様々な場所のモデルハウスを見学されてみてはいかがでしょうか?

 イエテラスの新築モデルハウスについてはこの記事の一番下にURLを張り付けております♪

続きまして、「住宅と寿命は密接に関係している」という話をしていきます。
 

住宅が寿命と密接に関係しているワケ

幸せな暮らしに一番大切なものは、家族みんなが健康であることだといえとち本舗は考えます。

しかしながら住む家の性能の違いで病気や死亡リスクが大きく変わってきます。
 

住宅における健康被害リスクとは??

住宅における健康被害はアレルギーや急な温度差による事故死などが挙げられます。

アレルギーの原因の約80%はダニです。

外気と内気の温度差により結露が発生するとダニやカビの発生現場になります。また、冷えは人の免疫力を下げ、様々な症状を引き起こします。そのため、結露を防ぐことは健康を守り、家の長寿命化につながることになります。

免疫力が低い子どもにとってはアレルギーは命とりです。すなわち、アレルギーの原因を防ぐことは子どもの命を守ることに直結しています。

また、寒くなればなるほどヒートショックになる可能性が高まります。2011年の交通事故死亡者にくらべ、入浴中の死亡者はなんと3.7倍という結果が出ています。

室内だからと安心せずに出来るだけ温度差をなくすことが室内での事故死から身を守る最大の予防策です。

いえとち本舗がご提供させていただいているイエテラスでは、健康被害リスクを最小限にするための高断熱・高気密を標準装備をしています!

なので寒い日でも低めの温度でも暖かく快適な空間が生まれます。お子様だけでなく、高齢の方の命を守るためにも健康被害リスクを最小限にする必要があります。

起こってはいけない被害が起こる前に、一度イエテラスのモデルハウスで高断熱・高気密を体感されてみてはいかがでしょうか??



7月13日~16日、19日は夏祭!家祭り開催!

【山口・防府・宇部・山陽小野田・周南】で【月3万円から高性能なスマートハウス イエテラスの新築】

>