ブログ/コラム

Blog/Column

  1. HOME
  2. コラム・ブログ - 資金(ローン)
  3. 次世代住宅ポイントで賢く商品を手に入れよう!申請方法から注意点まで徹底解説

資金(ローン)

次世代住宅ポイントで賢く商品を手に入れよう!申請方法から注意点まで徹底解説

ポイントを説明する男性


2019年10月より消費税が引き上げられた際に制定された次世代住宅ポイントはご存知でしょうか。
新築住宅の購入やお家をリフォームすることで様々な商品と交換できるお得なポイントです。

「存在を知らなかった。」
「もう契約してしまったがまだ間に合うだろうか。」
お得な制度ですからできることなら利用したいですよね。

この記事では最大60万ポイントも付与される次世代住宅ポイントについて解説していきます。
次世代住宅ポイントを活用してお得に家電やインテリアを新調しましょう。

次世代住宅ポイントは住宅購入やリフォームすることで発行される様々な商品と交換できるポイント

ポイントがたまる貯金箱


「次世代住宅ポイント」聞きなれないポイントだという方が大半ではないでしょうか。
国土交通省が主導で行っている制度で、2019年10月の消費税引き上げに備えて設けられました。

一定の性能を有する新築やリフォームが対象となり、様々な商品と交換できる次世代住宅ポイントが発行されます。
ポイント発行申請は本来なら令和2年3月31日で終了していますが、コロナウイルスの影響により期間が延長されているのです。

最大で35万ポイントも付与される大変お得な制度です。
直近で住居を新築した方やリフォームした方は積極的に申請し、お得に商品を手に入れましょう。

次世代住宅ポイントが対象になる住宅

立派な一軒家


ただ住居を建てた・リフォームしただけでは次世代住宅ポイントの交付対象にはなりません。
一定以上の機能を有する必要があり、新築・リフォームそれぞれ条件が異なります。

対象住宅としての条件を満たしているかどうか、確認してから申請を行うようにしましょう。
 

新築・分譲住宅の契約

白い一軒家


以下の4つの条件のうち、いずれかに該当する新築・分譲住宅が対象となります。

  1. 耐震性を有しない住宅の建替
  2. 家事負担軽減に資する設備を設置した住宅
  3. 認定長期優良住宅・認定低炭素住宅・性能向上計画認定住宅・ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)いずれかに該当する住宅
  4. 断熱等性能等級4または一次エネルギー消費量等級4以上・劣化対策等級3かつ維持管理対策等級2以上(共同住宅及び長屋については一定の更新対策を含む)・耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2以上または免震建築物・高齢者等配慮対策等級3以上いずれかに該当する住宅
条件に関しては施工業者や不動産会社に確認すると良いでしょう。
条件の詳細は国土交通省ホームページで確認できます。
 

リフォーム

リフォームする男性


以下の9つの条件のうち、いずれかに該当するリフォームが対象となります。
  1. 開口部の断熱改修
  2. 外壁、屋根・天井または床の断熱改修
  3. エコ住宅設備の設置
  4. バリアフリー改修
  5. 耐震改修
  6. 家事負担軽減に資する設備の設置
  7. リフォーム瑕疵保険への加入
  8. インスペクションの実施
  9. 若者・子育て世代が既存住宅を購入して行う一定規模以上のリフォーム
条件の詳細は国土交通省ホームページで確認できます。
 

次世代住宅ポイントの申請方法

電話で申請する男性


最寄りの国土交通省事務局へ書類を郵送または受付窓口に書類を直接持参することで申請できます。
現在コロナウイルスの影響により申請期間が延長(本来であれば令和2年3月31日で受付終了)されています。
申請にあたってやむを得ず期間内に申請できなかった理由の申告が必要となる点に注意してください。
また、ポイント発行対象となる性能を証明する工事前後の写真も必要となります。

工事完了前であっても請負契約の締結以降であれば、書類はそろい次第ポイントの発行が可能です。
その際、工事完了後に完了報告期限内(最長で2021年9月30日)までに完了報告書類の提出を忘れずに行いましょう。

申請に必要な書類は新築とリフォームで異なります。
新築の場合はこちらからリフォームの場合はこちらから、いずれも国土交通省ホームページ内の詳細ページをご確認いただけます。

次世代住宅ポイントの申請期限

期限を確認して考える女性


次世代住宅ポイントの発行申請期間・交換申込期限は以下の通りです。

  • ポイント発行申請期間:令和2年6月1日~令和2年8月31日(予定)

  • ポイント交換申込期限:令和2年6月1日~令和2年11月30日

申請できる対象期間は新築・分譲・リフォームそれぞれ異なります。
新築(注文住宅)は以下の期間が対象です。

  • 工事請負契約:令和2年4月7日~令和2年8月31日

  • 建築着工:工事請負契約~令和2年8月31日

新築(分譲住宅)は以下の期間が対象です。

  • 工事請負契約:平成30年12月21日~令和2年8月31日

  • 建築着工:工事請負契約~令和2年8月31日

  • 不動産売買契約:令和2年4月7日~令和2年8月31日

リフォームは以下の期間が対象です。(ただし1,000万未満のリフォーム工事の場合、工事完了の期限は令和2年8月31日となっています)

  • 工事請負契約:令和2年4月7日~令和2年8月31日

  • 建築着工:工事請負契約~令和2年8月31日

期限に猶予があるわけではなく、かつ予算がなくなり次第終了となります。
早めに申請を出して期限切れや申請負荷にならないように気を付けましょう。
詳細は国土交通省ホームページで確認することができます。
 

次世代住宅ポイントで交換できる商品

ショッピングをする女性


次世代住宅ポイントで交換できる商品は多種多様で、家電やインテリアをはじめ、食料品やベビー用品など多岐にわたります。
普段であれば手を出さないようなマッサージチェアや、最新型のエアコンや冷蔵庫なども取り揃えてあります。

2020年4月現在、選べる商品は5万点以上です。
様々なラインナップからお気に入りの商品を探しましょう。
ポイント交換できる商品の詳細は国土交通省ホームページから確認できます。

まとめ

一定以上の機能を有していれば新築・リフォーム問わずに交付され、様々な商品と交換できる次世代住宅ポイント。
5万点以上もの品揃えですので、お目当ての家具やインテリアを探すことができるでしょう。

ポイントの申請には期限があり、猶予がそこまであるわけではありませんので早めに工事請負を進める必要があります。
直接お店に行かなくともネットの会員登録なら資料請求することで、お家で確認して手早く契約を進めることも可能です。

いえとち本舗の会員なら家づくりのお得情報を見たり、資料請求がお家で簡単にできます。
無料で会員登録できますので、お家のことでお悩みの方はぜひいえとち本舗に登録してみましょう。

>