ブログ/コラム

Blog/Column

  1. HOME
  2. コラム・ブログ - 資金(ローン)
  3. 家づくりのための資金計画【いえとち本舗の新築・山口・宇部・防府・山陽小野田・周南・下松】

資金(ローン)

家づくりのための資金計画【いえとち本舗の新築・山口・宇部・防府・山陽小野田・周南・下松】

イエテラスの新築、いえとち本舗山口中央店の下村です。
本日は山陽小野田・周南・宇部・防府・山口で新築住宅をお考えの方に、
家づくりのための資金計画」についてお伝えします。

資金計画


今から、山口・宇部・防府・周南・山陽小野田で新築住宅を建てようと思うと、たくさんの不安が出てくるかと思います。
山陽小野田・防府・宇部・周南・山口で新築住宅を建てるのに、「何がわからないのかがわからない!」という状態になってしまいますよね。
山口・周南・山陽小野田・防府・宇部で新築住宅を建てることは、 ほとんどの方が一生で一番の大きな買い物になると思いますので、絶対に失敗はしたくないものです。
 
ライフプラン


 
■まずはじめに行うこと

ご結婚や、おこさまの誕生を機に「新築住宅を購入したい!」と思い立たれる方も多いと思われます。
新築住宅を購入することは、新しい生活のはじまり、広々とした空間での暮らし、
などさまざまな夢や希望がふくらみますよね。
 
ですが、「新築住宅を購入しよう!」と決めて、すぐに展示場を見に行くことや土地探しを始めることは、
実は…間違った手順を踏んでしまっているのです。
 
山口で土地を持っていない人は、初めに土地を買ってしまう。
なんとなくまず、住宅展示場に行くことで、家づくりを失敗してしまう。
 
一生に一度の大きな買い物で失敗はしたくないですよね?
では失敗しないために、まず最初に何をすることが正しいのでしょうか。
 
それは、「家づくりに必要なお金のことを考える」こと
つまり、
家づくりのための資金計画」を考えるということなのです。
まずは、山口で我が家で購入できる物件価格がいくらぐらいなのか、
ある程度の予算を考えておくことが大切です。
 
 
■そもそも資金計画とは

一言で「資金計画」というものの、
無理をした資金計画を立てるのは間違いです。
新築住宅を建てた後の暮らしで
節約しないとローンが返せない
趣味にかけるお金がない

となってしまうと、せっかく自分のお家を山口で建てたのにも関わらず、
快適な豊かな暮らしどころか、窮屈な生活になってしまいかねません。
なので、自分の身の丈に合った“ちょうどいい”計画、資金計画を立てないといけないのです。
 
一般的な家づくりの予算や家庭の収支などは、まずは置いておいて
自分の家庭の家計の収支を考え、用意できる自己資金を把握し、
より現実的な資金計画を行い、家を建てた後の生活の負担が少なくなるように家づくりを進めていくことが大切です。
 
 
■家づくりの資金の種類

家づくりには、
・土地代
・建物本体の代金
・家具
・家電
・引っ越し代

などたくさんのお金がかかりますが、
その費用に充てられる資金は3つあります。
 
★貯蓄(自己資金)
★銀行ローン
★両親等からの資金援助
 

重要なのは、現在の収入で「いくらまで借りられるのか?」
と考えるのではなく、
将来をイメージして、「いくらまでなら返せるか?」
を考えるべきだということです。
 
資金計画は、借りられる限界まで借りる「限界予算」ではなく、
余裕を持って返せる「安心予算」にすることがポイントです。
 
そして、土地に割り当てる予算は、建物その他にかかる費用を全て差し引いた「残り」の
金額を上限とすべきなのです。
 
自分の人生を考える

 
■住宅購入に必要な資金の内訳

では、いったいいくらで家を建てることができるのでしょうか。
新築住宅を買う場合、中古住宅を買う場合でも変わってきますが、
「全部でいくら必要なの?」
「いくらのローンが組めるの?」
「月々の支払いはいくら?」
と、いろいろ気になるところですよね。
家は2度も3度も建てることもなかなかありませんので、
わからなくて当然なのです。
資金計画や新築住宅について疑問のある点は住宅のプロにどんどん質問していきましょう。
 
 
新築住宅購入に必要な資金の内訳
 ①本体工事の費用
   ​​​本体工事は建物そのものにかかる費用のこと。
   一般的に基礎工事や構造躯体工事、木工事、内装工事などを指します。
 
 ②付帯工事の費用
   付帯工事費は、選ぶ土地によって金額の変わるケースがあります。
   現場管理費や確認申請料、屋外給排水工事費、仮設工事、設計費などがあり、
   1棟あたり、平均して約250万円程度の費用がかかってきます。

 ③外構工事の費用
   どの程度の外構工事を行うかで費用は変わってきますが、平均して
   100~150万円程度の費用がかかってきます。

 ④土地の購入費用

 ⑤諸費用
   諸費用には、登記費用やローン諸経費、火災保険料や土地の仲介手数料、
   事務手数料、固定資産税、印紙代等があります。
 
   諸費用額は、住宅ローンの組み方などで多少の前後はありますが、
   100~150万円ぐらいはかかります。
 

また、エアコン、カーテン、照明器具、引っ越し費用等が本体工事にどこまで
組み込まれているかの確認も注意しておきましょう!
 
計画を明確にチェック

 
■家族のライフプランに合った資金計画

住宅ローンを利用することで、山口で無事に新築住宅を購入できるとなった際も注意が必要です。
ローンを組んだ際時点では返済が可能と考えられてあったとしても、
例えばお子さんが誕生の際、産休や育休により収入が減る可能性があるということも考えられますよね。
 
まずは、この先あるであろう多額の費用が発生するイベントを確認しておくことが必要です。
これから先のライフプランを明確にしておくことによって資金計画もしっかりと練ることができます。
 
なので、30代から40代のことも想定し、ライフプランをしっかりと考え、
山口で新築住宅購入に向けての資金計画を立てるようにしましょう。
 
 
■家づくりのタイミング

「山口で新築住宅が欲しい…けど頭金を貯めてからでないと…。」
と考えられるお客様はたくさんいらっしゃいます。
 
では、新築住宅購入に必要な自己資産と最適なタイミングはいつなのでしょうか。
 
頭金が少ない不安はよくわかります。
でも、損得だけを考えるなら間違いなく、早く建てるほうがお得です。
 
「頭金が貯まってから」と考えて、3年、5年と時期をずらしても
その間に支払う「家賃」を考えると、
購入時期を遅らせることは、決してお得にはならないのです。

もし、銀行ローンの金利が上がったら、せっかく貯金しても金利上昇分で
その努力が無駄になってしまう可能性もあります。
 
また、ほとんどの住宅ローンの商品が最長で35年です。
商品によっては、支払いの完済時期の上限がほとんど75歳とされています。
一般企業のほとんどの定年が65歳であるとしても、
その年になるまでに何が起こるかわかりません。
 
お子さんが多く、進学などのたびにお金が多くかかる場合や、
病気になってしまい治療費が多くかかることもありますよね。
そうなってしまう前に、30代の元気で若いうちに家を買うことがオススメです。
 
 
ライフプラン


■やっぱり資金計画が大事

30代から40代のことも想定し、ライフプランをしっかりと考え、
新築住宅購入に向けての資金計画を立てるようにしておくことで、
想定外なことが起きても対応できることも多くあると思います。
 
まずはしっかりライフプランを考えることから始め、
「山口で新築住宅を購入しよう!」と決めて、すぐに展示場を見に行くことや土地探しを始めるのではなく、
家づくりにおいてとても重要となる「お金」のこと、
資金計画を始めてみてはいかがでしょうか。
 
家づくりのための資金計画」について少しは理解を深めることができましたでしょうか?
 
「山口で新築住宅がほしい…でも…、」
と悩んでいる方!
 
いえとち本舗ならあなたの疑問や質問に答えます。
一緒に素敵な家づくりをしましょう。
是非一度ご来店ください。


8月17日(土)~8月18日(日)の最新イベント情報↓

30分聞くだけで400万円得する相談会

>