ブログ/コラム

Blog/Column

  1. HOME
  2. コラム・ブログ - 建物・家づくり
  3. 平屋or2階建て、どちらがいい?【いえとち本舗の新築・山口・宇部・周南・山陽小野田・防府】

建物・家づくり

平屋or2階建て、どちらがいい?【いえとち本舗の新築・山口・宇部・周南・山陽小野田・防府】

こんにちは!いえとち本舗山口中央店の下村です!

現在、宇部・山陽小野田・防府・山口・周南で、家づくりを検討されているみなさん!


 

新築住宅を建てようと考えた際に、二階建てにするか、それとも平屋にするか悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。(●´・ω・)ノ


2階建ても平屋もそれぞれメリットは異なるため、違いをしっかりと理解した上で選ぶ必要があります。



 

今回は、新築住宅を購入する際、2階建てと平屋のどちらにするのかでお悩みの方に向けて、選ぶときのポイントやそれぞれのメリットなどを紹介させていただきます。(ノ*゜ー゜)ノ


 


家




 

二階建てと平屋 選ぶ際に気をつけたいポイント



 

新築住宅を2階建てにするか平屋にするか迷った際は、まずはライフスタイルを見直し、ご家族の生活に合うかイメージをしてみましょう。



 

*家族構成、住む方の年代

 

2階建てを選ぶ方がいいのか、平屋を選ぶ方がいいのかは、家族構成やそこに住む方の年代でも変わってきます。


 

若い夫婦や小学生以上の子どものいるご家庭であれば、2階建て、平屋のどちらを選んでも特に問題はないと思われます。

しかし、ご年配の方のみで住む場合は、階段での転倒や転落事故を起こしてしまうかもしれないので、平屋の方が安全で安心かもしれません。

また、二世帯住宅をお考えの方は、平屋よりも2階建ての方が住み分けがしやすいということもあります。



 

一概には2階建てが合っている、平屋が合っているとは言えませんが、ご自身の家族構成や住む方の年代に合わせて、どちらが自分のライフスタイルに合っているのか判断するようにしましょう!


 

*予算のちがい
 

どこのハウスメーカーや建築会社で新築住宅を建てるかでも変わってきますが、どんな設備、間取りを希望するのかによっても費用は異なります。

2階建てと平屋、どちらの方が費用がかかるのかと思われる方もいらっしゃると思いますが、この問題はケースバイケースです。


 

計算



 

2階建てと平屋では費用が異なる




 

オーダーの仕方にもよってきますが、2階建てと平屋では費用が異なります。



 

*基礎・外壁工事にかかる費用


 

同じ坪数で考えた場合、2階建ての方が外壁は大きくなり、延べ床面積も2階建ての方が大きくなるため、工事費用は平屋に比べて高くなりやすいです。

平屋の方が、土地の広さや敷地面積の確保が求められるため、延べ床面積が同じなら平屋の方が高いと言われることもありますが、どんなオーダーをするかによっては2階建ての方が高くなる場合もあります。



 

*固定資産税


 

住宅を購入する際、土地と家に課せられる税として「固定資産税」「都市計画税」の2種類の税金がかかります。2階建てと平屋では、資産の価値に合わせて固定資産税が変わってきます。



 

*メンテナンス

 

長年住むと、どうしても住宅のメンテナンスが必要となってきます。一般的には2階建ての方が平屋よりも高さがあり、外壁塗装などのメンテナンスを行う際は足場を組む必要があり、その分メンテナンス費用が高くなりやすい傾向があります。

また、普段掃除をする際でも、2階建ての間取りは複雑なこともあったり、階段もあるため、平屋に比べてどうしても手間がかかってしまいます。

日常においてもメンテナンスは平屋の方が2階建てより簡単かつ費用を安く抑えられるでしょう。

少しかたく説明してしまいましたが、(⌒_⌒;

 ここからは2階建て、平屋、それぞれのメリットについてご紹介します。



 

2階建て



 

2階建てのメリット



 

*大きな容積を手に入れられる


 

2階建ての最大のメリットは、限られたスペースで大きな容積を手に入れられるということです。

様々な用途の部屋を持つことができますし、平屋よりも収納は多く取れると思われます。

また、フロアごとに分けることができるので、1階のフロアに客室をまとめることも可能です。


 

*プライバシーの確保ができる


 

その他のメリットとしてはプライバシーの確保が容易だという点が挙げられます。2階部分より上の階は外部からの目線が入りにくいので、家族のプライベートの空間を守ることができ、セキュリティーにも強いです。

また、2世帯住宅で考えている方には、居室が別のフロアにあることで、生活を無理に合わせる必要などがなくなってきます。



メンテナンス



 

2階建てのデメリット


 

*掃除が大変


階段の上り下りが面倒であったり、掃除機を上下階に運ぶ必要があるなど、掃除が大変ということです。また2階、3階とフロアを重ねていくことに1階との距離感が生まれ、家族のコミュニケーションが希薄になることも考えられますし、フロアを重ねることで、1階あたりの階高が低くなり、圧迫感を感じる空間になる可能性も考えられます。

平屋

 


平屋のメリット


 

*移動が楽ちん


 

平屋の最大のメリットは「移動が楽」ということでしょう。当たり前の様な気がしますが、実際に住まわれた方の意見を見てみてもその点が強調されていると思います。例えば、掃除などは、2階建てですと掃除機を持って上り下りしたり、階段を掃除しなくてはいけないなど、問題がありますが、そういった苦労は平屋では一切ありません。移動のしやすさは掃除のしやすさにもメリットを感じます。また、高低差が少ないということから、構造的な危険が少ないということも挙げられます。地震や台風などでも平屋の方が強いとされております。


 

*風通しがいい


 

室内に目を向けてみると、風通しがいいとされています。二階建ての家ですと階段部分で空気の循環が滞りがちになりますが平屋は比較的全体に風が行き渡ります。窓を開けるだけで家全体に風がいきわたることはメリットだと思います。また、ワンフロアですので家族のコミュニケーションも円滑になると言われています。たとえば子供部屋とリビングを別のフロアにする場合、目が届きにくくなりますが、平屋ではあまりそのような心配はないと考えられます。とくに子供が小さい時は目に届くところで遊んでもらった方が安心ですよね。


 

日当たり



 

平屋のデメリット


 

*広い土地が必要


 

最初に考えなければいけないのは、ある程度の土地の広さが必要であるということです。最低どれぐらい面積が必要かは人によって異なりますので、まずはハウスメーカーや建築家の方に相談してみましょう。


 

*防犯対策が必要



平屋の場合、2階建てよりも防犯対策を考えなければなりません。洗濯物などを干す際も外構面に干すのではなく、内庭側で干すなどいろいろ防犯対策をする必要があります。メリットの逆とも言えますが、平屋はコミュニケーションが円滑になる分プライバシーを確保しにくいとも言えます。一人になるスペースがないので、もし一人のスペースが必要な場合は、初めから設計に組み込む必要があります。



 

家族



 

今回は2階建て、平屋についてご紹介させていただきましたがいかがでしたか?

住宅に求めるものは、ご家庭のライフスタイルや価値観は異なってくると思います。

2階建てにするか平屋にするか悩まれている方は、両方のメリット、デメリットを見てみて、じっくりと考えてみてください(。・∀・)ノ





 

山口・周南・山陽小野田・宇部・防府で新築住宅をお考えの方は

是非一度、いえとち本舗までお気軽にお問合せください!

家族全員が楽しく過ごせるお家づくりを一緒に考えていきましょう。

11月2日(土)~3日(日) 開催イベント↓

今だけ50万円相当プレゼントキャンペーン!

>