ブログ/コラム

Blog/Column

  1. HOME
  2. コラム・ブログ - 建物・家づくり
  3. 新築住宅で広々くつろげる空間づくり【いえとち本舗の新築・山口・宇部・防府・山陽小野田】

建物・家づくり

新築住宅で広々くつろげる空間づくり【いえとち本舗の新築・山口・宇部・防府・山陽小野田】

イエテラスの新築、いえとち本舗山口中央店の杉田です。

本日は山陽小野田・周南・宇部・防府・山口で新築住宅をお考えの方に、
新築住宅で広々くつろげる空間づくり」についてお伝えします。

今から、宇部・防府・周南・山陽小野田・山口で新築住宅を建てようと思うと、たくさんの不安が出てくるかと思います。

山陽小野田・宇部・防府・周南・山口で新築住宅を建てるのに、「何がわからないのかがわからない!」という状態になってしまいますよね。

山口・周南・山陽小野田・宇部・防府で新築住宅を建てることは、 ほとんどの方が一生での大きな買い物になると思いますので、絶対に失敗はしたくないものです。

家づくりの際に新築住宅でくつろげる空間づくりのポイントを本日はご紹介させていただきます。

新築住宅


さて、毎週のようにいえとち本舗山口中央店では、完成見学会やモデルハウスを会場に開催しておりますが、これから山口・防府・山陽小野田・宇部・周南で新築住宅をご検討されている方の中には、整理整頓がされていて、くつろげる住まいにしたいとお思いの方も多くいらっしゃいます。

当社では、いろいろなオプションで新築住宅に個性をもたせることが出来ます。
モデルハウスなどをご覧になっていただくと、

「キッチンを広くして使いやすくしたい!」

「収納を充実させたい!」

「オシャレな壁紙のデザインにしたい!」

「この設備をつけたいけど迷う!」など、

いろいろなオプションを取り付けたいという気持ちが出てくるようです。

もちろん予算には限りがありますから、新築住宅を建てるためには優先順位を決めて、暮らしに必要不可欠なもの、そうでないものを取捨選択していくことになるのですが、考えるのもなかなか大変ですよね。

そこで本日はお客様にピッタリの新築住宅を建てるために、新築住宅でくつろげるデザインで、整理整頓しやすいお洒落な家づくりのポイントをご紹介していきます。
 

 料理がはかどるキッチン

 

キッチン


新築住宅で毎日使うキッチンですが、家族が増えると料理する量も増えて、余裕のある時間をとることができず、整理整頓がなかなか難しいですよね。

また、せっかくお洒落に整えてもそれを保つのも大変だと思います。

キッチンの整理整頓には、小さくてもいいのでパントリーフリースペースがあると便利で、
整理整頓がとてもはかどります。
 
家族が増えても、食材のストックができ、調理器具などをスッキリ収納し、散らかっていないおしゃれな空間を保ちやすくなりますよ。
 
物が散乱していないだけで空間も広く感じますし、なによりスッキリしている環境は新築住宅で心身ともにリラックスするためのに欠かせません。
常にキレイな状態でしたら、継続してキレイに保ち続けることができると思います。
 

変化する洗面化粧室

洗面所

 
洗面化粧室は、タオルや洗剤など、日々使うものが多く、日用品をストックしておくことが多いので物が溢れてしまいがちです。
新築住宅では壁面に可動する収納を付けておけば、余裕を持って収納が出来ます。
 
お洒落なカゴを使って見せる収納にするほか、扉を付けてしまえば来客があったときにも安心です。
 
 

使いやすいリビングの工夫

 

リビング



新築住宅で家族が長い時間を過ごすリビングには、いろいろな物が集まります。
 
お子様のおもちゃ、エアコンやテレビリモコンなど、頻繁に取り出すものはしまい込むと不便です。
頻繁には取り出さなくても、雑誌や新聞紙も気づけば積み重なっています。
 
せっかくの新築注文住宅ですから、こういったものに居場所をつくってあげると後から家具を買い足す必要もありませんし、どこにいったのか探し出す必要もありません。
 
例えば、新築住宅で家族で使えるワークスペースを造り、その上部に吊り戸棚を設置して雑誌や本を収納したり、キッチンカウンターの下に造作の収納棚などを設けるのもいいですね。
 

広く見せる部屋づくりで快適な空間へ

家具


部屋を広く見せるための家具の色新築住宅に置く家具の選択や配置を工夫したら、部屋を広く見せることもできます。
引っ越しを考えている方、新たに家具をご検討されている方も是非参考にしていただければ幸いです。
まずは、明るい色の家具や壁紙で圧迫感をなくすことで、たくさん家具を置いているわけでもないのに・・・
そこでおススメは、壁紙の色や家具の色を明るい白やベージュ色にされることです。
黒や濃い茶色など、比較的に落ち着いた色の家具ばかりを新築住宅に揃えてしまうと、雰囲気は落ち着くように感じますが、部屋が少し圧迫されたように感じられます。特に大きい家具が暗い色だった場合、圧迫感はさらに増します。
そこで、白やベージュなどの明るい色の家具は一般的な壁の色に近く、統一感があり、新築住宅の部屋全体の凹凸を滑らかに見せる効果があるため、空間が広く感じられるようになります。
アクセントとして暗い色の家具も取り入れたいという場合は、背の低い家具を暗い色に、大きい家具は明るい色にすると、圧迫感を抑えられるでしょう。
 
 

床を広く見せることで、部屋が広く見える

家族

 

引越前は家具を置いていない新築状態を見たときは、部屋は広く感じていたのに、荷物を置いてしまうと思っていたよりも狭くなってしまった・・・
「あれっ・・・ここまで狭かったっけ?」と首を傾げてしまったのなら、その原因は「床の広さ」にあるかもしれません。
新築住宅の床面積全体のうち、家具を置いて床が見えている部分が少なければ少ないほど、部屋の印象は狭くなります。

部屋を広く見せるためのポイントは、家具で隠す床の面積は全体の『3分の1』にとどめておくことをおススメします。
部屋の広さを変えることはできませんが、ちょっとした工夫で部屋に対する感じ方が変わるのです。

 

風通しの良い家づくり

 

新築住宅


「なんだか狭いな・・・」と感じられたら、その部屋の出入り口に立ってみて、先を見渡してみてください。
そこで部屋の奥を見たときに、視野をさえぎる家具や家電製品、おもちゃ、雑貨などはないでしょうか?
新築住宅の部屋をさえぎるものはございませんか?
 
もし、さえぎるものがあれば、新築住宅の部屋を狭く感じさせている原因かもしれません。
風通しの悪いところに家具・家電製品を置いてしまうと、視野をさえぎられてしまいます。
部屋を広く見せるためのポイントは、「風通しの良い」家具・家電の配置です。
 
新築住宅で、すごく気に入っている大きめのソファーなどの家具を置きたいときは、出入り口から見えにくい角や壁側に配置をして、人が通りやすいところに配置をしましょう。
 
 

家具・家電製品の高さをそろえる

家具

 
これまでご説明をしたとこで、更に狭く感じられる場合、
 
家具・家電の置いている数は多くない
色も白やベージュなど明るい色を選んでいる
床にそこまでの物をたくさん置いていない
 
そんなときは、家具・家電製品の「高さ」に問題があるかもしれません。
 
新築住宅に置く家電の高さがバラバラで統一感がないと、部屋は狭く感じられてしまいます。
廊下側の部屋の出入り口から窓にかけて、低いものから高いものにできるだけそろえて配置をしてみると、部屋の印象も変わってみえるはずです。
それだけでも天井が高く見えて、部屋全体を広々とした雰囲気を与えることができます。
 
もし難しい場合は、どちらかの高さに揃えてみてください。
きっと部屋の印象も変わって見えると思います。
 
物が増えてきたときは思い切って、挑戦をしてみてはいかがでしょうか。
 
部屋の雰囲気が変われば、気分やモチベーションも変わってくると思います。
 
その他にもいえとち本舗山口中央店では、お客様のお悩みに対して、様々なアドレスをしております。

ぜひ、山口市近郊で新築住宅を建てる際に、ご一緒に「新築住宅で広々くつろげる空間づくり」を考えてみましょう!

これからの家づくりの参考になるはずです!
 
お客様のご来店を心よりお待ちしております。



8月3日(土)~8月4日(日)↓

【防府市】この金額で持てる!限定1棟のモデルハウスは誰の手に!?リビング18帖!4LDK!

【山口・防府・宇部・周南・山陽小野田】で【月3万円から高性能なスマートハウス イエテラスの新築】

>