ブログ/コラム

Blog/Column

  1. HOME
  2. コラム・ブログ - 建物・家づくり
  3. 高気密・高断熱の家って?【いえとち本舗の新築・山口・宇部・防府・山陽小野田】

建物・家づくり

高気密・高断熱の家って?【いえとち本舗の新築・山口・宇部・防府・山陽小野田】

こんにちは!イエテラスの新築、いえとち本舗山口中央店の永井です。

本日は宇部・山口・山陽小野田・防府・周南で新築住宅・ZEH住宅をお考えの方に、「高気密・高断熱って?」についてお伝えします。

今から、山陽小野田・宇部・防府・山口・周南で新築住宅・ZEH住宅を建てようと思うと、たくさんの不安が出てくるかと思います。

宇部・防府・山陽小野田・周南・山口で新築住宅を建てるのに、「何がわからないのかがわからない!」という状態になってしまいますよね。

防府・周南・宇部・山陽小野田・山口で新築住宅を建てることは、 ほとんどの方が一生で一番の大きな買い物になると思いますので、絶対に失敗はしたくないものです。

本日は「高気密・高断熱」についてになります。

突然ですが、皆さまは「高気密・高断熱」という言葉をご存じでしょうか?

「なんとなく聞いたことはあるけど、、」という方が多いのではないでしょうか。

この記事をみて、少しでも「高気密・高断熱」について知ってもらえればと思います。
 

高気密・高断熱って?

高気密とは、家の外周部、外回りの屋根や壁、天井をグルリと断熱材で囲っていて外部との隙間が少なくなっている気密性の高いことを言います。

ここで言う「外部との隙間」とはあくまでも「空いてはいけないところに空いている『無駄な隙間』のこと」を指します!

この隙間を減らすことによって家の性能を高めた住宅のことを高気密住宅といいます。

次に高断熱についてです。

高断熱も高気密と同じで家の外周部、外回りの壁や屋根、天井を断熱材で囲み、家の中と外の環境を分け熱が伝わるのを極力少なくすることです。

しかし、高気密の説明で述べた「隙間のない家」と聞いてなにか息苦しいような家を想像される方も多いのではないでしょうか?

隙間がないと言えば「いちご狩りのビニールハウス」のようなものを想像されるかもしれませんが、実際はそうではありません。

なぜかと言うと、現在の日本の法律では「24時間換気」の設置が義務づけられているからです。

ですので、実際は全くの密閉空間で生活するということにはなりませんので、とてつもなく息苦しい状況で生活するということは考えられません。

「24時間換気」が設置されているおかげで空気の流れを感じながら生活することができます(^^)/

「でも高気密ってことは夏はめちゃめちゃ暑くなるんじゃないの?」

と言われる方もいます。

実際、高気密住宅は家の中の温度が一度上がってしまうとその温度を外に逃さないために、急激な温度変化をしないようにしています。

つまり、夏場に一度家の中の温度が上がってしまうと「家の中はずっと暑い」ということになります。

しかし、家の中の温度変化をさせないために高気密になっているので、裏を返せば「家の中の温度を上昇させない工夫」をすれば夏の家の中は涼しいという状況を作ることができます。

そこで重要になってくるのが「夏場に外の熱を室内に入れない設計」です!

私たち、いえとち本舗がご提供している「イエテラス」では高性能ハイブリッド窓サーモスLという断熱材を使用しています。

この断熱材は大手ハウスメーカー様でも採用することが滅多にない最高水準の性能を誇る断熱材になります!
 

窓ガラスはLow-E複層ガラスを採用しており、このガラスは太陽の日射熱を50%以上もカットします。

なので夏は涼しく冷暖房効率をアップし、節電にも貢献しています。

また、紫外線も大幅にカットしますので、家具やカーペットの退色も抑えます。

加えて、断熱はもちろんのこと明るさを採り込みながらもガラスに当たる日射熱を遮る仕組みなので、暖かい光を感じながらも室内を涼しく保つことができます!

つまり、イエテラスは「最高水準の性能を誇る断熱材で1年中快適な住まい」を実現します。

また、高断熱によって家の中の温度差を作らないようにし、結露を防ぐことができます。施工精度が低く、立てた数年後には結露が発生しまい劣化・腐朽が進んでしまう住まいも少なくありません。
 

高気密・高断熱のメリット



では高気密と高断熱のメリットとはどのようなものなのでしょうか?

メリットは大きく分けて3つあります。


 

メリットその①「省エネルギー」

高気密・高断熱住宅は冷暖房の効率がいいので、光熱費が大幅に削減されます。そして、外気の影響を受けにくいためにエアコンで調節した快適な室温を保ちやすくなります。普通に過ごすだけで省エネで節約ができるって、すごく魅力的ですよね。

このメリットはこれからの住まい探しには絶対に欠かせないポイントですね( ..)φメモメモ

 

メリットその②高気密・高断熱住宅内での温度の差が少ない

お風呂の脱衣所やトイレは、リビングや家族が多く集まる場所では室内の温度に大きな差が出ることがあります。室内での温度差は、ヒートショックを起こすなど健康状態と密接に関係しています。

ですがイエテラスのような高気密・高断熱住宅では各部屋の温度差が少なりますからこのような問題の可能性も低くなります。

 

メリットその③結露が発生しにくい

窓ガラスに発生する結露は窓際の空気が外気で冷やされた冷たいガラスに触れることで起こります。

ですが、イエテラスが採用しているLow-E複合ガラスは外の温度が伝わりにくいので結露の軽減に有効です。また、結露はダニやカビの発生原因になります。

ダニやカビは気管支ぜんそくやアレルギー性鼻炎の原因にもなるので、ダニやカビを防ぐことは健康リスクを軽減することに繋がります。

つまり、結露を予防することは、健康を守り家も命も長寿命化することにつながります。
 


イエテラスでは高気密・高断熱を徹底させるために定期的な気密測定を行い性能の高精度を保っています。

新築住宅の完成後に気密性の問題が見つかっても改善できません。建物の性能が低くならないようにイエテラスは先ほども申し上げた通り定期的に気密測定を行い、全物件において高い精度での性能実現を徹底しております。


これらのことから、イエテラスの標準装備である高気密・高断熱住宅の魅力が伝わりましたでしょうか?

日本にはありがたいことに4つの美しい季節があります。

季節の良さも、季節ならではのイヤなところもたくさんあります。

でもせっかく建てる新しい家、できるだけ不快な思いをしながら過ごしたくはないですよね。

「家を建てた後に後悔したランキング」では上位に夏の暑さ・冬の寒さがランクインしています。

家を建てた後からそう思うのは遅いです。

家を建てる前に高気密・高断熱について知っておき、後悔のない家づくりを進めていくことが大切になります。

私たちいえとち本舗がご提供している「イエテラス」は一年中快適な住まいにこだわり続けています。

これからの人生、健康も住まいも大切にしていきたいですよね。どちらの健康を守るためにも高気密・高断熱の住宅をオススメします。

でも実際、高気密・高断熱の住宅はどのような体感なのか、体で感じてみないとわからないですよね。

私たちいえとち本舗ではモデルルームや展示場イベントを多数開催しております。

少しでも気になられた方はお気軽にお問い合わせください♪

些細な質問や相談も承っております(^^♪

気になったことがございましたらお気軽にご相談くださいませ。



次回のイベントは7月20日(土)、21日(日)見るだけ平屋完成見学会!

みなさまのご参加、ぜひお待ちしております(^^♪

>